ご挨拶

近畿精機製作所では、昭和43年創立以来京阪神地区を中心に、工作機械向け治具をメインにあらゆる産業機械部品の治具を設計製作してまいりました。

お客様より持ち込まれた図面、またはお客様と打ち合わせた仕様通りに設計し、治具を製作しております。治具加工から派生して現在では部品加工も行っています。

より難度の高い加工に挑戦し、技術力を養い、高度な加工技術を習得し、よりよい「ものづくり」に貢献致します。

最先端の加工機械、検査システムは勿論のこと、CADなどの設備を駆使する人材の育成が技術に姿を変え、高品質製品の供給につなげてまいりました。

弊社では、お客様からご依頼頂いた治工具の設計に対して、長年の経験に基づいた技術でお応え致します。治工具を使うことにより誰が使っても同等の品質の製品を作りたい、生産性を向上させたい、コストを下げたい、等の多くのご要望に対して、常に使用するお客様の立場になって製作致します。

取付治工具、検査具の製作の開発、精密部品の加工の相談など、近畿精機製作所にお気軽にご相談下さい。

 

                                代表取締役  田村 匡史

 

2012 

水銀灯を廃止し、LEDに更新しました。

2013

デマンド監視装置を導入しました。

2015

ワイヤーカットを導入しました。

2016

三次元測定機 3号機導入しました。